失敗ってあるのかな? が5%

「あれは失敗だった」

言うけれども

考え方がすこしズレてきている。

この記事で注目したのはこの部分。

館長のサミュエル・ウェスト氏は「メディアに押し売りされるサクセスストーリーにうんざりしたので、『失敗博物館』の開設を決めた」と説明。

一方、こんな警句もある。

「負けてへんで!『勝ちの途中』や!」(by 濱口優)

これ、とてもいい言葉だと思うんです。

〇〇は終わったとか「オワコン」というのは

たしかにこの博物館の館長である

メディアじゃないかと思う。

けれども、当人が成功するまでにやめてしまうのは

採算が合わないとかもあると思う。

誰がなんと言おうと

どんな状況に追い込まれようと

やめなければ失敗じゃないんじゃないか。

そんな気持を5%くらい持つようになった。

だからこの博物館は

「失敗博物館」というよりも

「捨てられた博物館」のような気がする。

へばなっ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA