顔がきくから捨てられる写真たちへ

「顔がきく」というと

いいイメージというか

カッコイイ感じしかないですね。

スポーツ記者のようなことを

すこしだけやったことがある。

記者の間でも顔がきく人がいる。

長年取材していたり、

それこそ、そのスポーツが

まだアンダーグラウンドだったころから

一生懸命取材していた人などは

記者以上関係者未満みたいな

いっちょかみな感じになる。

するとどうなるか。

取材に来た好まざる新参者は

彼に品定めをされるのだ。

自分は広く浅く記者をやったので

どこの畑でもその視線の洗礼を受けた。

思い出しただけで腹具合が悪くなる。

自分で書くが顔や声や行動にクセがあるから

覚えられたりするので

なおのこと「顔役」に睨まれるのだ。

さて。

[bcd url=”https://jp.reuters.com/article/northkorea-kim-passports-idJPKCN1GC05K”]

この親子はふらっと居たら

誰にでもバレそうなもんだが

(当時なら今はなき親父のほうは)、

見つからなかったんかな?

千葉にある東京ナントカらんどに

行ったとか銀座でお買い物したとか

いう不確かな情報もありますね。

だからどうしたって話なんだが、

あんがいエラソウな入管の人たちも

ザルじゃあねえかと思ったり。

あの人たちもエラソウだから苦手だ。

と。

[bcd url=”https://techable.jp/archives/72980″]

こんな便利そうなカメラが世に出るそうだ。

果たして有能なんだろうか?

ヘンな写真ってジャンルがある(ことにした)。

デジカメがふえてすっかり減った、

いつでも真っ先に捨てられる写真。

あれ、集められないかな? と

このニュースを読んだり

自分のスマホの写真フォルダを

眺めたりしてるうちに思った。

失敗した写真にも何かがある。

尊敬してるカメラマンさんが言っていた。

「シャッターを切った数しかお金にならない」。

フィルム時代の話だったから

かなり重たい言葉だった。

でも、手元で削除してしまう

デジカメの時代にも

ちょっと思い出してみても

いい言葉かもしれない。

なるべく削除しないで

なんかとっておく方法を

考えてみたいとも思った。

へばなっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA