■祝カーリング日本女子代表3位入賞■ 2018冬季五輪・カーリングのあれやこれや

カーリング日本女子代表3位

銅メダルおめでとうございます!

なんか、すっげえ熱くなったので

それをいろんな角度から

あーだこーだ書いてみようと思います。

まず、この感動をもう一度!

ラジオのほうでしばしば申し上げてる

「LIVEで応援してるほうが

勝てないんだよジンクス」

にも負けず、接戦をモノにしました。

Wikipediaでカーリングを調べます。

カーリングは高度な戦略が必要とされ、その理詰めの試合展開から「氷上のチェス」とも呼ばれている。

この「氷上のチェス」てのには

異議があるなぁと。

刻一刻と変わる氷の摩擦係数とか

スイープする人の力加減とか

スローする人のちょっとした

力の入れ加減とか

不確定要素が多いんだよね。

スコットランドで生まれたスポーツ

であるように

どれかというとゴルフに近いかな、と。

小さなミスだったり幸運だったり

そんなものの積み重ねが

勝敗を左右する

欧州スポーツといえばそんな感じで。

[bcd url=”https://www.gizmodo.jp/2018/02/i-went-curling.html”]

このブログを興味深く読んだんですが

でもカーリングというスポーツは結局、複雑な物理学なんだと実感しました。Violette氏は「なぜストーンがああやって動くのか、正確に説明することは不可能だ」といいます。

 

ストーンは最初まっすぐ滑り始めるのですが、減速するにつれて回転したり、方向を変えたりします。

ちなみに何故この動きをするのかは、いまだ科学者たちによって議論されているところです。

結局こういうことなんだな、と。

ますますカーリングをやってみたくなった。

友達いないし、場所も近くにない。

で、こんなのを見つけました。

[bcd url=”https://app.famitsu.com/20180221_1243352/”]

スマホのゲームのようです。

これでもやろうかな。

そうかい?

そだねー……。

[bcd url=”https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180224/k10011342101000.html”]

彼女たちの魅力も大きいかなと。

昼間ラジオでナイツが言ってましたが

カーリングは競技じたいが長く

TVに映っている時間が長いから

選手に人気が出るんじゃないか、と。

そうかい?

そだねー……。

ちなみに。

今、日付が変わったところですが

LS北見のウェブサイトが落ちてます。

繋がりません。

だから、ホントの公式サイトか今、

確認できてないっていう。

すげーな。

そだねー……。

へばなっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA