安いのでいいからラジオ放送のアシスタント様に欲しい

pdc.ogoh.jpでポッドキャスト

(ネットラジオ)

の放送をやっている。

たまに、よわったなーと思う。

ラジオのパーソナリティさんで

かなりのプロで上手いなーって人でも

構成作家さんとか、

話し相手とは違うんだろうけども

こう、反応を見られる人って

目の前にいるみたいですよね。

できればそういう他人と一緒に

「これって面白いのかな?」って

考えられればいいんですが

予選も予選。草ラジオの身としては

贅沢な話なんですよね。

つか、そんなヘボこそ

助けが欲しいと思ってしまうんですが。

[bcd url=”https://japan.cnet.com/article/35114913/”]

ロボットたちが自己紹介したあと、「○○さんはフクロウが好きなの?」と質問をうながしたり、答える前に「ふむふむ」と考える仕草を交えて相づちをうったりしながら、対話を進めていく。2台のロボットが交互に答えるので、間が空いたり、答えの内容が少し不自然でも、そのまま流れがつながっていく印象だ。

間まで埋めてくれるとは

なんて素敵。

でも、まだまだ

これを手に入れるよりも

友達をひとり巻き込んだほうが

いいのかもしれません。

友達いないから

ラジオやってるんですけども。

ただ、ぜんぜん関係ないところで

引っかかるところがあった。

ただし1対1では、しばしば話題が途切れたり破綻してしまうため、2台のロボットが“間をつないで”自然な対話ができる新感覚対話AIの開発に取り組んでいる。

人をコミュ障前提で

開発に取り組んでるのかな?

いや、いいんですが……。

へばなっ!

「安いのでいいからラジオ放送のアシスタント様に欲しい」への2件のフィードバック

    1. 捨文さん > コメントありがとうございます! そして、お祝いメッセージをありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA