誠実な人間がばかを見る

我ながらイヤなタイトルを

つけてポストしたもんだ。

競馬に興じてる人間はダメな人だ。

極論でもなんでもない。

ただし。

彼らは自らにウソをついている自覚もあるし

何か得体のしれないものに対して

ひたすら誠実に賭けているのは

確かなんだ。

西のほうに

あるサッカーチームの

狂信的なサポーターがいる。

彼とは苦労して友人になったと思っている。

とつぜんLINEがあった。

ということは……と思えば

詳しくは話さない矜恃のある男だから

察したんだけれども

誠実すぎる彼も苦労を相変わらずしている様子だ。

四半世紀以上ずっと、彼は愚直なまでに

ひとつのサッカーチームに向き合っている。

競馬に長く向き合っている人間は

裏切られても騙されても同じように

愚直なまでに賭けつづけて

生き延びてきている。

そういうふうに、

誠実な人間はダメなんだ。

必敗の星の下で大の字になっている。

でも、それでいい。

嘘をつくくらいなら、騙される。

斬るくらいなら、斬られている。

そういう生き方がある。

わかってくれと書く気はない。

認めてくれとも書かない。

そういう輩がいるというだけだ。

これを読んでもピンとこない人は

それはそれで幸せでいい。

かかわることもないんだろう。

まあ、ヘタにかかわってこんでくれ。

へばなっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA