ン十の手習い2010年代後半

まさかこの歳になって、と

さいきん、よく思う。

動画を扱う仕事が発生した。

正確に書くと動画を扱う仕事を得た。

Windows Movie Maker でいーだろー

くらいに思っていた。

でも、どうやらもうちょっと

高等な編集をやらなくちゃならんようだ。

仕事の範囲が長いこと紙媒体だった。

ライターなのでせいぜいWebとか。

けれども、とうとう動画だ。

紙媒体のデザイナーさんだった人が

Webデザインを2000年代に入る前には

始めていたと思うんだけれども、

自分は文章だけ書いていればいいと

タカをくくってたのか。

他のグラフィック的なところは

手遊び程度でいいだろうと思っていた。

これがホント、甘かった。

デザイナーさんも映像編集はやる世の中になった。

景気が良くなったっていうのは嘘で、

とにかく賃金カットの経費カットであるから

ライターは文章だけ書いていればいいとか

そんなのは幻想なんです。

写真も撮るしデザインも切るし、

とうとう、映像もイジらなくちゃならなくなった。

こうなったら、

今まで画像はPhotoshopを使っていた。

もうン十年使っているんだけど

たぶん、Photoshopくんのポテンシャルの

10%くらいで作業をやってきたと思われる。

動画のほうも、これはPremiereかな? と

検討のすえ、決めた。

インターフェースからお手上げになり

完全に朝からデッドロックに乗り上げてたが

2010年代の習い事ってのはすごいな。

YouTubeで親切に教えてくれる。

「あーこういうことがあるから

モニタが2つ欲しいのか」

とも思った次第。

今、生知恵で気づいたんだけれども

YouTubeのほうはタブレットPCで見て

(スマホだと文字が小さすぎる)

作業はPCでやるかなーと。

ご丁寧にPCのスペックが低い人用の

チュートリアルをボランティアで作っている

(YouTubeって再生回数で儲けが出るんだっけ?)

動画もあって、それとにらめっこで

Premierの習得に挑んでいる。

もう、習い事の雑な部分は

YouTubeで事足りてしまうのだ。

おそろしいメディアだな、YouTube。

そりゃ、自分の仕事内容も

変わってくるわけである。

そんなわけで。

へばなっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA